ディアウォールで釘が打てない壁が有効に使えるように!

一際悩んでいたディアウォールを購入しました。
ディアウォールというのは、2×4(ツーバイフォー)の板材の上下にはめ込んで取り扱うもので、バリアに突っ張りの柱を作ることができるのですよ。
賃貸でバリアに落とし穴が開けれない場合に使えるとして人気のようで始終気になっていたのです。
マイホームは賃貸ではないのでバリアに落とし穴をあけてしまってもいいのですが、
カレンダーや目覚ましをかけたいバリアがコンクリートで釘を打ちたくても中に入っていかないのです。
一際カレンダーは両面テープでバリアに貼り付けていたけれど、カレンダーの重さで下に落ちてしまったりでイライラするし、バリアからはがすときに垣根も一緒に剥がしてしまいそうで不安なのです。
ディアウォールは、2×4(ツーバイフォー)の板材は別で用意しなくてはいけないのも難点でした。長さ220cmは必要だったのでホームセンターなどで貰うも持って返るの大変ですし。
それでも!ネットで、2×4(ツーバイフォーって)の板材というディアウォールがセットになっているタイプを見つけたのです。
しかも板材は、白やスモーキーな感じのブルーに塗装されている品物までありました。
マイホームは、バリアが白なので、白で塗料された板材というセットになっているものを買いました。
板を部屋のアクセントにしたかったら自分の好きなコントラストに塗りなおしても嬉しいし、バリアに両面テープでカレンダーを貼り付けてるによってお洒落な感じになりました。
目覚ましもカレンダーも板材に釘をうってかけることができるようになって、大満足だ。http://www.justintv24.net/