ドヤ表通りどまんなかのチープ宿に泊まってみたら非日常な事例ができた

先日、いわゆるドヤ街といわれるゾーンにおける安宿に投宿してきました。かつて日雇などのお仕事をしているパーソンのための明瞭宿泊所だったあたりをツーリスト向けの宿に利用しているようです。格安で泊まれるとあって全国を旅するバックパッカーに結構人気があるそうです。
急用ができて投宿アポインターネットで検索したらたまたま空き室がでてきたのがそっちでした。便利な立地だったしそこに決めたのですが、投宿ちょっと前に再び絵図を確認したらドヤ街のど真ん中でした。「おおう」と思いつつもいよいよ宿へ。結果としては単に問題なく投宿できました。部屋は狭かったけど格安だし満足。
ちょっとびびったのはお部屋のエアコンディショナー吹き出し口から髪の毛が垂れ下がっていたことです。マミー?と思われる長い黒髪だ。なんで吹き出し口に髪が?如何にそういうとこに髪の毛が縺れるのでしょう。「ホラーですね」ってつぶやきつつ引っ張ってみました。ぷちっと切れました。おんなじ部屋に2泊したのですが、あすお部屋に戻るとなんだかおんなじ場所に又もや黒髪が・・・なんてことはなかったです。心霊事象もなかったです。
こちらからもう一度驚きのは、宿の近所でタブレットでしゃべっていたおじちゃんです。遠慮なく大声で通話しているのですが、伝達の節々に「チャカ」とか「ブツ」とか不穏な言語が。チャカって当然これですか、拳銃ですか。おじ正しく目線が当てはまるときは「消されるかも」と思いました。けれどもさすがそんなことはなかったです。
何かと印象深い投宿トライとなりました。ちょっとした非日常トライでした。ひとまず、女性にはおすすめできませんよ!非日常トライを求めて泊まりに行ったりしないでね。シエンタは値引きできるそうです