森博嗣さんの文献が面白いので、新書の次に表面書まで手を出してしまいました

本読みはくらしの一部等なのですが、今どき商売などに悩んでしまい、悪循環を感じていたんです。書房でたえず行かない書棚で見かけたつぶやきなんてを久しぶりに読んでみたりしています。その中で、すごいうれしいなと思っていたのが、森博嗣君のつぶやきだ。迷宮雑誌マンションとして知っていて、若い頃はめっちゃ読んでいたのですが最近はつぶやきをメインに書いているのかぁなんて思ってしまいました。
そのつぶやきがまた面白くて、しかも今は甚だ悠々自適な感じの生活をして掛かるパターン。楽しいのが、雑誌は一日に1日数しかすでに書いていないそうです。それでも、それまでにずいぶん頑張って稼いでいたそうです。考察もしてキャンパスのセンセイもしてなので、それはそれですごく激しく生きていたんだなぁって思ったりもしました。それでも、今は自分のやりたいことをめい山盛りやっていてそんな姿勢あこがれるなぁなんて思ってしまいました。
で、商売論とかいろんなことを書かれていて、今商売を探している自分にはビックリの内容がいっぱいでした。何より商売は下世話なものだから心機一転すれば素晴らしいってこととか。そしたら商売をすべての行き先としてはいけないとかですね。父母もパッションなら脛をかじっても相応しいじゃないかというのも力強い用語ですなって思いました。今の個々人は貧弱ですなぁなんて思っていた要素もあるのですが、門外漢が考えつかないようなことを書いてくれていて、甚だしくためになりました。今は前向きに商売見つけ出しに迎えみたいって思えて掛かるところです。http://www.jiadinglife.com/