歌という舞踊ってパフォーマンスができる国境を越えた大物、キムジェジュン

韓国では知らない自分がいないタレント「東方神業起」の古く中を務めていた、キムジェジュン。
現在では、「JYJ」として尽力をし、沢山のファンに愛されている、キムジェジュン。

一度見たら忘れられない女もうらやむ美を保ち、軽くて暖かい本音って肉体美といった元来な割り当てが強みなキムジェジュン。

歌では、ソロ構成が多く、エンジェルの歌声ものの癒しを感じられます。

ついにジェジュンの歌声を聞いたときに、言葉で言い表せない程の優しい感情といった温かさといった衝撃を受けました。これ程歌詞を動画にのせて伝わる手法なのか、という納得も感じました。そうして、カテゴリーで歌う時折他の団員という融合するように、包むように歌を仕上がる所はほんま素晴らしいです。

出席においては、韓国だけでなく、日本でもドラマや映像に列席しています。面持ちの用法や風土の出し方が美しく、つい見入ってしまう。

単に、「JIN」という日本でもTVされたドラマでは、報われない辛い役柄を演じていますが、悲しみや哀れな感情、純粋な恋心をオーディエンスは見て取れるように思います。

他にも、TwitterのInstagramによって、プライベートを公開してくれたり、ファンに関する機嫌を発信して得る風景が多くあります。職種だからという割り切った気持ちでなく、本当にファンを大切にしていらっしゃるという機嫌が見て取れる結果、嬉しく思います。

多彩な力を有する唯一無二の陣営なキムジェジュンが大好きだ。http://www.xn--68j9dya1778bqp2a5dttmg.jp.net/