軽トラの内容 ~とにかくF1カーというカスタマイズ下地マイカー!?~

ここでは、ちょこっとマニアックな軽トラの話題をしたいと思います。

軽トラというと、ダイハツの高ゼットやスズキのキャリーをイメージされると思いますが、自身がここで紹介したいのはスバルのサンバーとホンダのアクティーだ。共に製作は終了しているのですが、内耳年増の間ではそれほど各自布石車種として人気があります。各自と言ってもデコトラではありません。現れ屋だ。

サンバーってアクティーの個性は、その駆動計算(リアエンジン・リア駆動、あだ名:RR)にあります。RR車種で有名なのはビートルやポルシェで、国産車種では三菱のiやホンダのバモスがあります。と言っても、はなはだ希少な駆動計算で、その長所はトラクション(駆動人気)であり「地面を蹴るような現れ」と写生されます。一部の耳年増の間では、F-1カーにとにかくくらいて低い各自ベースとも言われます。

そんなRRの軽トラの不具合を挙げるとすれば、メインテナンスのハードルだ。普通の軽トラは、シートの下にエンジンがあります。ただし、中でもサンバーに呼べることですが、RRの軽トラはリアバンパーがボンネット代わりになっていて、ロックを通じて開閉行うが、車種が古くなるって、その開閉が滑らかでなくなったり、ロックが折れたりすることだ。
また、オイル交代(オイルフィルターの交代)のハードルも他のモデルって較べるといった少し高くなります。

以上のような不具合によっても、サンバーとアクティーはひとつの各自布石の部門としては面白いと思います。リゾゲイン効果なし!効果あり?【リゾゲイン購入前に必読】