クラッチミートときの鳴き方法についての雑学 ~実話版~

俺は、MAZDAのアクセラ(XD2200、6MT、2015年式)に乗っていますが、クラッチミートときの鳴きに困り、また解決したので、その全てを紹介したいと思います。

初期、そのトラブルが出始めたのは、のぼり取りかかり通年経過した位でした。わかり易いトラブルとしては、連日ではないのですが、1、2速、退勢のクラッチミートまま相当大きな鳴きが発生しました。俺はディーラに相談して、製造元断言でクラッチ補償、クラッチディスク、レリーズベアリングの3項目条件を交換してもらいました。結果的に、半かは改善したものの回復には至りませんでした。その後、何回かディーラに要請しましたが、「また、次の目論みを考えて、相応しいものがあったらお知らせします」とは言うものの、どっか観念という雰囲気でした。

俺は、こういうアクセラをなんとも気に入っていて、「こういうトラブルさえなければ…」という意思という「なんでマイカーだけ?」という意思がありました。そうして、ただこういう自動車のこういう地位のMTに乗っているヒトは少なく(実に、私の自動車も完了後に経路にのぼりました)「報せ網を全国具合に広げる必要があるな」と捉え、Yahoo知恵袋を利用しました。そうして次のような返答がありました。その返答によると「そもそもフェーシングの資材の病状だったら、何回替えてもおんなじことだと思います。」とのことでした。つまり、模様ケアレスミスということです。

そこで、俺はMAZDA本部のネットにアクセスして、どうなっているのか問いあわせました。そうすると、あすMAZDA本部から電話して「ちゃんと対応させていただきますのでちょこっとおひとときを下さい」とのことでした。
それからたちまち、ディーラの人間からTELがあり「フライドポテトホイールの毀損が考えられますので、クラッチプロセスと合わせてフライドポテトホイールもやり取りさせてください」とのことでした。俺は「ふむふむ言われてみれば、その意思はまんざらでも無い」って感じました。そうして、実際フライドポテトホイールを交換してみると、正しくビンゴでクラッチの鳴きは解消されました。

以上、私のクラッチミートときのアクシデント(鳴き)の克服までの全てだ。参考にしていただけたら幸いです。http://www.zakpum.com/